Culture ホービィ

夏のお弁当に最適!冷凍保存できる副菜の作り置き 料理

更新日:

食育コミュニケーターの徳永ひろみ先生が開催されている『夏野菜の副菜作り置き料理教室』に行ってきました。

栄養バランスを考え、飽きのこない手抜きで簡単、美味しいお料理10品を作りました。

 

【今日のメニューは、こちらの10品目】

 

①海老ニラ饅頭

 

 

②オクラの肉巻きカレー風味

 

 

③長芋ソテーのなめたけがけ

 

 

④チンゲン菜のペペロンチーノ

 

 

⑤パプリカの味噌炒め

 

 

⑥ひじきと小松菜の彩りサラダ

 

 

⑦なすのカレーマーボー

 

 

⑧ズッキーニの焦がしバター醤油

 

 

⑨梅ひじきご飯

 

 

⑩5色のカラフルカップそうめん

ポチ!っと応援よろしくお願いします。(^^♪


グルメランキング

 

【内容】

●野菜の効能と調理のコツ!の説明。

主食1品、主催2品、副菜6品、汁物1品を作る。

作ったお料理をその場で試食。

残りは惣菜冷凍ケースに、10カップ分、お持ち帰りします。

このまま冷凍庫で保存すれば、食材により2週間から1ヶ月は、保存出来ます。

作ったおかずは、カップのまま冷凍保存して、お弁当箱に詰めるだけです。

冷凍のまま、お弁当箱に詰めておくと、お昼頃には、自然と解凍できて、食べ頃になっています。

◎この内容で食材混み、作り方のレシピや資料付きです。

 

【会員サービスについて】

【簡単・時短・副菜作り置き料理教室】は、審査に通った”優良店舗”

『てっぱん』『ホービィ』のポータルサイトに掲載されている加盟店なので

サイト運営している会社【株式会社ユーワード】の会員さんです。

会員性のため、会員同士がポイント利用し、助け合うシステムなので安心・お得にサービスが受けれます。

*利用者は、ユーワード会員になるとお得な、

★厳選メニュー、★サンクス特典が使えます。

★ 通常価格 3500円 ⇒ 会員価格 2500円(2500ポイント)です。

会員は、ポイントでお支払いができます。

★厳選メニューは、⇓ こちらから。

【簡単・時短・副菜作り置き料理教室】

ユーワードID番号:6093

◎新規の方には、”冷凍惣菜ケース2箱プレゼント” や ”割引特典”つき、説明もとてもわかりやすく親切で、お得な内容です。

これからの、夏のお弁当作りに役立つ情報が満載でした。

◎お得な無料会員登録こちらから

クレジットカードでポイントを買ってから、利用すると、とってもお得になります。

利用できるカードは、VISA・MASTER です。

 

=============================

【教室のお申込み、お問い合わせ】

食育コミュニケーター
『徳永ひろみ』先生まで!

℡:090-9549-1611
Fax: 06-6924-9065
Mail: tokunaganeisan@yafoo.co.jp

=============================

【教室の全体の流れ】

◎あらかじめ、用意してある資料で1時間ほど、説明があります。

最初に『夏弁当の注意点!』衛生面への気配りについて説明があり

お弁当箱や付属品の洗い方、調理前の手洗いの仕方、

お弁当箱の種類の選び方、夏には通気性の高い『曲げわっぱ、竹かご』など、

ご飯を炊く時のワンポイントアドバイスがありました。

●お弁当箱の種類、選び方
【夏弁当には、これがおススメ!】

『曲げわっぱ、竹かご』のお弁当箱が、
数ある中でも抜群の通気性で夏弁当にはオススメ!
ほかのお弁当箱に比べて保冷剤がいらない程です。

【お酢の殺菌効果を生かす】
また、お弁当を詰める前に、キッチンペーパーにお酢を含ませて、
お弁当箱を拭くと殺菌効果が高まります。

『ステンレス製』のお弁当箱
ステンレスは、熱伝導が良いので、保冷剤の効果が
お弁当箱全体に広がりやすく冷たさが長持ちします。

『スープジャー』
保温だけでなく、保冷にも優れているので、夏弁当にも活躍してくれます。

 

●おむすびは、どう作る?
素手で握るおむすびは、雑菌数が爆発的に増えるので、
ラップで形を整えながら、握りましょう。

●ご飯を炊くときに、お酢を入れる。
お弁当のご飯には、炊飯時にお酢を入れて(米2合に対して酢 小さじ1)
炊くのもオススメです。

酢の酸味は、飛んでしまうので、ほとんどなく、ご飯にお酢の成分のみ残るので、
食中毒菌の増殖防止が期待できます。

 

●梅干しを入れてご飯を炊く
梅干しは、炊きはじめる寸前にいれる。
ご飯の中心に梅干しを置く『日の丸弁当スタイル』は、
梅干しの周辺しか、殺菌効果がありません。

+しょうがを刻んで入れても良いでしょう。

 

◎注意
生肉や生魚は、ほかのものと一緒に置かない。
生肉や生魚は、食中毒の原因になる菌が付着しています。
冷蔵庫の中や作業台の上で野菜やほかのおかずと
一緒に置かないように気をつけましょう!

●また、肉や魚は、しっかりと火を通しましょう!

 

●野菜を切ってから肉や野菜を切る。

肉や魚を切ってから野菜を切ると、まな板についた菌が野菜にも付着するので
使う野菜は、最初に全て切ってから、肉や魚を切るようにすると、雑菌もつかず、
まな板を2枚使わなくて効果的です。

◎まな板を使ったあとは、きれいに洗い、熱湯やアルコールなどで除菌すると更に効果的です。

↑このような、注意点やワンポイントアドバイスの後、メニューの作り方の説明があり、
約90分で10品目をグループ手分けして作って行きます。

 

 

出来上がったお料理を試食後、このように、冷凍総菜ケース(ピンク・ブルー)、タッパーに詰めて帰ります。

このまま、冷凍庫で保存して、凍ったまま、お弁当に詰めれます。

本当にあっという間に10品目のお料理が出来上がりました。

 


グルメランキング

このブログは、WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」を使用しています。

The following two tabs change content below.
ゆうみん

ゆうみん

健康、美容、音楽♪に興味あり、いろんな体験をしてチャレンジしています。 美味しいものを食べ歩くことが大好き! FacebooKやインスタグラムにもお気に入りのお店を投稿しています。 趣味が高じてWEBライターとしてお店の取材をして紹介をすることが仕事になりました。 ブログやSNSを使って集客や売り上げアップ!のお手伝いをします。

-Culture, ホービィ

Copyright© 関西WEBレポーターゆうみんの超オススメレストラン&サロン取材ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.